にっき

日記でした。もう更新はありません。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
そうぞぷ
冬の、雪が積もった田んぼの脇で、からすがむれていると、きっとなにかがあったんだなって
| ぶり | [雑記] | 01:47 | - | - | - | -
春のような風のことを思い出しながら
もずくを食べています
| ぶり | [雑記] | 21:34 | - | - | - | -
ぴんく
十二指腸があかないねえ、ってなった
| ぶり | [雑記] | 10:03 | - | - | - | -
こまったVSわかった
| ぶり | [雑記] | 11:19 | - | - | - | -
ツイッターが落ちたので寝ます
| ぶり | [雑記] | 22:33 | - | - | - | -
ゆき
雪ですって
まあ
| ぶり | [雑記] | 22:05 | - | - | - | -
mgrt
あたまいたーい
インフルじゃなくて
ただの風邪だといいね

今、左の脇に体温計がいるので
これらはすべて右手で入力されました
| ぶり | [雑記] | 16:13 | - | - | - | -
あけましておめでとうございます。
私の好きなキャラクターは、みんな本人の自覚の有無に関わらず過去になにかしらの努力なり経験なりをしています。
そうしたことがその人の好きなことにつながり、行動に繋がっています。
自分を顧みてみたときに、自分の中には何があるんだろうと振り向いてみたときに、そこにあるのはゲームです。

最初はファミコンとスーファミです。
ファミコンの「じゃじゃ丸くん」で、ジャンプと手裏剣による攻撃とアイテムを集めて強化されることを知りました。
ファミコンの「ファミリースタジアム」で、一塁送球ミスによる大量点を知りました。
スーファミの「ドラクエ3」で、魔王と勇者を知りました。
スーファミの「ライブアライブ」で、いろんな世界観を知りました。
スーファミの「トレジャーハンターG」で、壮大な物語を知りました。

次はプレステです。
「アークザラッド2」で、自由な行動を知りました。

そうして、フリーゲームに出会いました。
良くも悪くも洗練されていないシステムや画像に出会いました。
理不尽さも知りました。
自分で見つけだすことも知りました。
その中の1つに「みんなきらい」がありました。
そのゲームでは叫び声のような、怒ったような、めちゃくちゃな声がありました。
銀の盾さんの学校七不思議シリーズをやっていて、怖いものは大丈夫!と思ってダウンロードしました。
そうしたら、「みんなきらい」の中のその叫び声に本気でびびりました。
どうしてびびったのか。それは、声の大きさとか意味の分からない言葉とか、そういうことじゃなくて、その声そのものに初めて作者の意図というか思いというか、そういうものを感じたんだと思います。
そうしたことを知りました。

その一方で、現実世界では特に苦もなく小学校も中学校も卒業して、
僅かながら抵抗しても大人の力にはかなわず、また、現実を目の当たりにして、自分が志望していなかった高校にぼんやりと入学して、何も探すことができませんでした。
良い大学に行くことだけを目標とされました。
それを達成しようとしない自分は当然のように排他されました。
補講をさぼっても怒られなくなりました。
課題を出さなくても怒られなくなりました。
授業中に寝ていても怒られなくなりました。
こういう書き方をするとまるでそいつらのせいですが、当然諦めてしまった自分のせいでもあります。
3年間で将来何になりたいということが何一つ決められませんでした。
周りのやつらとは違う特別な存在なんだというプライドがありました。
結局何も探せないまま、ぼんやりと大学に入りました。

大学では同じ趣味や知識を持つ人がたくさんいてとても楽しかったです。
何かを作ることを咎められませんでした。
でも、やっぱり何も探せませんでした。
そのままぼんやり社会人になりました。

いや、でも、何も探せなかったのは少し違うかもしれません。
わくわくしたことはありました。
小さい頃にりんごの絵が上手だってほめられたこと。
小さな会場で同人誌を出したこと。
唯一真剣に自由研究に取り組んだこと。
そのときのテーマは「ゲーム音楽について」
誰も評価しませんでした。
映画を作ったこと。
東京で、同人誌を出したこと。
ニコニコ動画に動画をあげはじめたこと。

もう結構年月が経ってしまったけど、今から何かを探しても良いのかなって考えました。
自分の憧れているキャラクターとは程遠いけれど、今からでもいいのかなって考えます。
それを悪いことだと怒る人はいないと思います。
だから今から決めたいと思います。
そのために過去を振り返ってみました。
なんだかくそみたいに情けなくて途中で泣きながら書きました。
でも、そうやって振り返ると、やっぱりゲームがありました。
作った人の何かがダイレクトに伝わってくるようなゲームが好きです。
これから、それを今まで以上に大事にしていきたいと思います。

ということを今年の抱負とし、
更にはこの流されるままのくそのような人生を第一部として完結させることを目標としまして
1年間生きていきたいと思います。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
| ぶり | [雑記] | 21:04 | - | - | - | -
お疲れ様でした
よく考えたら日記にイベントのこととか書いてなかった気がするし
なんかへこんでるときの日記のままペーパー出してたしわひゃー

というわけで今日は県内のイベントにいってきました。実に8年ぶりくらい。ひゃー
雰囲気もだいぶかわってたような気がします。
オリジナル漫画を出して、正直なところ絵がうまいわけでもないし漫画描いたことあんまりないしで1冊でも手にとってもらえたらラッキー!という気持ちで参加してきたのですが、いろんな方に作品を手に取ってもらいました。
私とてもうれしい。
今回出した漫画はそれこそ7,8年前のメモみたいなやつのかけらを一つにしたものでした。
お世話になってるアナログゲーム会の方にも会えたし、
アンディーメンテやステストを知っている方とも遭遇した。
震えたね。
これだから同人イベントはやめられねえぜ。

イベント出たあとは脳みそが鋭くなっていろんな言葉が湧き出てくるね。
ちょっと前だったら、もう少しこうしたら良かったのになあって後悔する作品の出し方だったのですが、
今回はそういうものが無かったので、僅かながらも何かが変化しているんだと思います。

参加された皆さまお疲れ様でした。
そして主催者様、本当にありがとうございました。
| ぶり | [雑記] | 19:32 | - | - | - | -
かっこわるい
今日は風が強くてすごく寒くて
あることを理解したくない気持ちだけが強く大きく固まっていくのを感じて
それに悔しさや惨めさを感じて
家について大音量で曲をきいて
そしたらあほみたいに涙が出てきて
今もそうなんですけど
セドナが更新されて
またあほみたいに涙が出てきて
お店では鍋がでたんだけどそんなものよりも
あほみたいに泣いて手の甲に落ちてきた何滴かの涙のほうがはるかに温かいと感じて
それでまたあほみたいに泣けてきたっていう
天気が悪いのにとても月が大きい夜で
すごいと思ったのに
この人たちも月や星を見るんだって思って
それなのにどうしてこんなに違うんだろうって思って
今すごく惨めな気持ちでいっぱいで
いっぱいであほになってる
| ぶり | [雑記] | 23:18 | - | - | - | -
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ